建物形状の断面を自動的に作成する方法について

This topic contains 0件の返信, has 1件の返信, and was last updated by Bunji Izumi のプロフィール写真 Bunji Izumi 2 年 1 ヶ月前.

906 Views
LICENSE GNU GPL
  • by Bunji Izumi のプロフィール写真 Bunji Izumi #6744

    タイトルの通りですが、3次元的に複雑な形状のプロジェクトにおいて断面で切った時にどのような断面になっているかを把握するために、2次元の断面を要望されることが多々あり、超高層のプロジェクトになると例えば10m毎に切ったとしても50断面作成しないといけないような場面に遭遇します。断面を輪切りにし、dwg形式等で手渡すこともありますが、もらった人が出力するところまでを考慮するとPDFにするところまで自動化したほうが、その後の出力時の手間が省けそうです。そのような場合の今とり得る対応方法を考えてみました。

    1. Grasshopperで断面を作成したい形状を読み取る。
    2. Grasshopperで一定間隔で断面を切断し、その結果をRhinocerosにBakeする。断面毎に別レイヤーにしておく(→コード1)。
    3. Rhinocerosで出力用のレイアウトを一つ用意しておく。
    4. Rhinocerosで下記のようなスクリプトを書く(→コード2)。やっていることは各断面ごとにレイヤーをON, OFFして、出力先のプリンター(PDF Creatorを予め指定)に送り、特定のフォルダに自動保存するというもの。
    5. 1断面1ファイルのPDFを結合して一つのPDFにする。

    コード1

    コード2

    RhinocerosのLayoutの設定
    capt001

    PDF Creatorの設定
    capt002

    添付ファイル:
    添付ファイルを見るためにはログインが必要です。

このトピックに返信するにはログインしてください。

openDDLにログイン

or    

ログイン出来ない場合

パスワードをお忘れですか?