Raspberry PiでのHello World

This topic contains 0件の返信, has 1件の返信, and was last updated by Bunji Izumi のプロフィール写真 Bunji Izumi 2 年 5 ヶ月前.

235 Views
LICENSE GNU GPL
  • by Bunji Izumi のプロフィール写真 Bunji Izumi #6339

    IMG_0143

    Raspberry Pi的なHello World(=LEDをチカチカ点滅させる)に挑戦しました。

    内容についてはRaspberry Piで学ぶ電子工作(講談社・金丸隆志)を中心に参考にさせていただきました。

    まず回路の方ですが、前提としてテスターがまだ手元にないため、LEDでの電圧降下1.9[V]、及びLEDに流れて良い標準的な電流値(20[mA])は文献値を採用しました。すると下記のメモのように、3.3Vの入力に対して最低限必要な抵抗値は70Ωとなるので、手元にある330Ωの抵抗(帯の色が橙橙茶金)を採用しました。

    20150414225607_00001

    次にこれを制御するプログラムのほうですが、Noobsを通してインストールしたRaspbian OSの中に含まれるPythonを用いました。

    開発環境はプリインストールされているIDLEという環境を利用しました。立ち上げるのにはターミナルから下記のコマンドで起動します。

    sudo idle &

    IDELの画面から File > New Window を選択するともうひと画面立ち上がり、pythonのスクリプトが書き込めるテキストエディタが起動します。コードは下記のものを記述しました。

    GPIO.setmode(GPIO.BCM)
    の行を打ち込むことで、GPIOのピン番号でoutputを指定できるようになるそうです。

    20150414230359_00001

    入力後、F5(=Run Script) を押すと、点滅が始まります。

    添付ファイル:
    添付ファイルを見るためにはログインが必要です。

このトピックに返信するにはログインしてください。

openDDLにログイン

or    

ログイン出来ない場合

パスワードをお忘れですか?