SuL Data Science #3

This topic contains 0件の返信, has 1件の返信, and was last updated by shoji.fukeda のプロフィール写真 shoji.fukeda 1 年 2 ヶ月前.

201 Views
LICENSE GNU GPL
  • by shoji.fukeda のプロフィール写真 shoji.fukeda #7110

    前回(#2)の記事でも触れましたが、統計データにはGISソフトウエアにそのまま読み込めるデータとそのままでは読み込めないデータがあります。後者を地図に情報を付加するためには、国、市区町村、企業などが公開している統計データを基に情報を整理し、GISソフトウエアで読み込める形式にする必要があります。加えて、統計データは膨大にあり地図に情報を付加可能なデータを選択しなければなりません。地図に情報をプロットする際のデータの整理の仕方と統計データの選択が重要です。
    GISソフトウエア上では、地図を構成している、点、線、面の3つの要素から構成されています。これら要素に情報を付加していくことで、多角的に分析することが可能となります。
    点 住所、建物名称等
    線 鉄道、道路等
    面 都道府県、市区町村等
    情報を付加するためには、それぞれの要素に適した手法があります。

    点:情報をプロットすることにより場所を特定する。(手法A
    線:道路別の交通量などの情報を付加する(手法B
    面:人口密度などの情報を付加し面毎に塗り分ける(手法C

    これら3つの手法を理解した上で、膨大な統計データから地図に情報を付加可能なデータを選択していきます。

    手法A.情報をプロットする
    住所や建物名称などの場所を特定できる統計データです。下記URLのような統計データの形式になります。
    JRの駅別乗車人員 (平成22~26年度)

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/tnenkan/2014/tn14qa040800.xls

    東京都統計年鑑 平成26年
    階数別4階以上及び地階を有する建築物数(平成26年末)

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/tnenkan/2014/tn14qa030100.xls

    このような表形式の統計データは、緯度・経度の情報を持っている点のShapファイルに情報を付加することができます。
    駅データ.jp/駅データ https://www.ekidata.jp/dl/?p=1
    キャプチャ3
    JRの駅別乗車人員 (平成22~26年度)

    手法B.線に情報を付加する
    道路別の交通量、私鉄の運輸成績など統計情報を付加できます。下記URLのような統計データの形式になります。
    私鉄の運輸成績 (平成22~26年度)

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/tnenkan/2014/tn14qa041200.xls

    道路交通センサスデータ

    http://www.mlit.go.jp/road/census/h22-1

    ※ただし、道路情報が定義されたデータの取得が基本的には有料ベースとなるため、今回は対象外とします。

    http://www.drm.jp/use/general.html/

    このような表形式の統計データは、鉄道路線名などの情報を持っている線のShapファイルに情報を付加することができます。
    国土数値情報ダウンロードサービス/鉄道データ

    http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N02-v2_2.html

    キャプチャ
    私鉄の運輸成績

    手法C.情報で面を塗り分ける
    手法Cは前回(#2)の記事でも触れましたが、都道府県名、市区町村名などのエリアに関する統計データです。
    下記URLのような統計データの形式になります。/
    平成27年国勢調査 人口及び世帯数_東京都
    区市町村、男女別人口及び世帯数

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kokusei/2015/kd15sa0300.xls

    区市町村別人口、増減数及び増減率の推移(平成7年~平成27年)

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kokusei/2015/kd15sa0400.xls

    区市町村別世帯、増減数及び増減率の推移(平成7年~平成27年)

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kokusei/2015/kd15sa0500.xls

    区市町村別人口密度

    http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kokusei/2015/kd15sa0600.xls/

    このような表形式の統計データは、都道府県名、市区町村名などの情報を持っている面のShapファイルに情報を付加することができます。/
    国土数値情報ダウンロードサービス/行政区画データ/東京都

    http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N03.html/

    キャプチャ2
    区市町村別世帯数(平成27年)/
    統計データ(CSVファイル)を整理する
    表1のような統計データはこのままではGISソフトウエアに読み込むことができないため、編集する必要があります。
    キャプチャ_excel
    表1 JRの駅別乗車人員 (平成22~26年度)

    1.shapファイルへ結合するためのコードとなる情報(住所、駅名、市区町村名など)と地図上に表現した情報だけを取り出しCSVファイルを作ります。ファイル名をstationuser.csvとします。
    キャプチャ_excel2
    2.csvtファイルを作ります。テキストエディタを開き、1で作成したCSVファイルの列に、文字型(String)、整数型(Integer)、小数点型(real)を割り当てます。今回は”String”,”String”,”Integer”,”Integer”,”Integer”と入力し、CSVTファイルを作成します。
    ファイル名を1と同一とし、拡張子を.csvtとします。(ファイル名はstationuser.csvt)
    1と2で作成したファイルは同じ階層に保存します。
    QGISにCSVファイルをインポートし、shapファイルと結合します。

このトピックに返信するにはログインしてください。

openDDLにログイン

or    

ログイン出来ない場合

パスワードをお忘れですか?