SuL Physical Computing #final

This topic contains 0件の返信, has 1件の返信, and was last updated by Yoshinori Hatanaka のプロフィール写真 Yoshinori Hatanaka 2 ヶ月 3 週間前.

154 Views
LICENSE GNU GPL
  • by Yoshinori Hatanaka のプロフィール写真 Yoshinori Hatanaka #7472

    Sul Physical Computingでは、マイコンやセンサの基礎技術を習得するために1/20サイズ模型の中を走行する探査機(Model Probe)を作成してきました。
    これまで動作や操作機構などの解説を行ってきました。今回は、カメラとコントローラ制御について簡単に紹介します。
    <keyword>
    Edison, mjpg-streamer,Unity, Android
    pcf (2)

    ゲームエンジンのUnityを用いて、コントローラとViewer機能をまとめたスマートフォンアプリケーションを作成しました。
    以下に簡単な構成を示します。
    pcf (1)

    模型を走行する探査機はサイズの制約が大きな障害となります。
    乗せているカメラ自体を動かすと、可動部が大きくなり模型にあたってしまったり、走行の邪魔となってしまいます。

    そこで今回は180°半球レンズを採用して周囲を見回すことができる仕様としました。
    昨今流行りの360°全天球カメラでは、上記のようなサイズの問題があることや、操作中の視点と実機の方向が分かりにくくなるため、前方がわかる視界のものを採用しました。

    カメラからでライブストリーミングされた映像を、半球面に投影することで簡易的に歪みを補正し、アプリケーションの中で周囲を見回すことができます。
    pcf (2)
    pcf (3)

    動画のストリーミングにはmjpg-streamerというライブラリを使用しています。
    スマートフォンをヘッドセットに差し込んで、外部のコントローラで操作すれば、VRのように模型の中を探索することができます。

    pcf (1)

    このようにIoTの基礎技術の習得として模型探査機を作成しました。
    今回は使用したマイコンのEdisonは、最近生産中止が発表されてしまいました。残念です。
    今後Physical Computing Teamは引き続き実世界にシミュレーション結果をフィードバックしインタラクティブに変化動作する装置の開発や、IoT技術の利用、習得に努めていきます。

このトピックに返信するにはログインしてください。

openDDLにログイン

or    

ログイン出来ない場合

パスワードをお忘れですか?